カテゴリー別アーカイブ: 引き出しつきの箱

名残の紫陽花(7月後半)と曲面の引出しボックス

夏に紹介しようと思っていた、7月後半の名残の紫陽花と「曲面の引出しボックス」の画像。

作品は2012年、「蓋つきの曲面の箱」のサンプル制作の後に形を作ったもの。フランスの起毛の布を4色使って仕上げています。(1日で効率よくポイントを学べるよう3段タイプ・・・皆さんの受講作品画像は別途紹介します)

camidecor1783-1

「引き出しのある箱」の課題はいろいろあって、それぞれに作り方やポイントが異なりますが、引出しごとに色を変えて作っているものも少なくなく、下はその一部。

■秋の色と引き出し付の卓上シェルフ、 ■引き出し付の違い棚と小さな掛け軸2

教室にいらっしゃる皆さんも、レッスン受講後はそれぞれのイメージで大きさや引出しの個数など工夫されているようで、「刺繍糸の色に合わせたカラフルな引き出しボックスの大作を作りました!」とか、「入れるものに合わせて引出しごとに柄を変えてみました♪」とか、お話を聞くのが楽しみ。自分だけの使いやすい実用品は手作りならではです。

camidecor1783-2

さて、写真の中にぼんやりうつっている紫陽花、7月半ば過ぎの名残りのものですが、実は前回の「秋色紫陽花(あきいろあじさい)」と同じ木のもの。ところどころ、薄緑や薄紫をおび、水分がとんで涼しげな紙細工のような風情です。

そして、下の画像は9月に入って切った枝。すっかり秋色に変わっていて、秋の花との組み合わせが楽しめます。

camidecor1785

 

・・・夏の間に掲載しようと思っていた画像など、本文中に追加していくつもりです。また、機器類の不具合があり、一部のお問い合わせメールの受信に不備がありましたことをお詫び申し上げます・・・

卓上シェルフ (2)-格子柄の引き出しパズル

秋の色と引き出し付シェルフでも紹介したカルトナージュの卓上シェルフ。2008年に複数のサンプルを製作したもので、中上級者のための課題アイテム(選択制)です。

Camidecor1563

デザインは自由なのですが、曲線カーブのあるクラッシックなデザインを選ぶ人がほとんど。薄型なので置く場所をとらず便利に使えます。

そのまま棚として使ってもいいのですが、好きな形の引き出し入れるとより実用的に。こちらはスカラップデザインの引き出しです。

Camidecor1562チェックというより格子柄と呼ぶのが似合うピンクとライトグリーンの布。色柄や大きさが全部違うのでパズルみたいな引き出しになりました。

課題用のサンプルや型紙(デザイン)を作る時は、スタイルにとらわれず自由な発想で取り組んでいただけるよう、できるだけ雰囲気が違うものを2種類以上準備するようにしています。

下の写真は私のサンプルよりずっと素敵に仕上げて下さったお2人の作品。大きい画像をこちらのページで紹介しています。

Bois495

 

秋の色と引き出し付の卓上シェルフ

2008年に制作した引き出し付のシェルフ。下の画像は完成後すぐに秋のレッスン用に撮影したものです。(昨年掲載の別バージョンはこちらから)

Camidecor1103

秋の楽しみはたくさんありますが、だれも気にとめないような場所でちいさな秋を見つけたりするのはちょっと嬉しいもの。

Camidecor1105

雨にぬれた石畳の上の色づいた葉や・・・

Camidecor1106

誰にも食べてもらえなかった柿と栗・・・

Camidecor1104-1

陽射しをうけてきらきら輝いている赤い葉など・・・

思いがけない場所にも鮮やかな色を残し、少しずつ秋は深まっていきます。

引き出し付きの箱-スカラップデザインの引き出しとフレーム

前回掲載した、簡単アップリケを貼ったブック型の箱の画像には2010年に作った2つの箱が写っています。

こちらは箱を上から見た画像。一見普通の布箱に見えますが、つまみを持って動かすと・・・

Camidecor1519

フタはフォトフレームに変身し、スカラップデザインの引き出しが出てきます。

Camidecor1520

スカラップとはレースや裾、縁などを飾る、扇型の連続模様のこと。ホタテ貝を意味するscallopからきているデザイン用語で主に服飾関係で用いられる言葉ですが、可愛らしさとリズム感のある感じが好きで、あちこちに使っています。

アクリル入りフレームとレトロカラーのストライプ

1970年代を思わせる茶色やカーキ、オレンジやオリーブグリーンなどちょっとレトロな配色のストライプの生地を買ったのは、たしか今から7年ほど前でした。

流行は回るといいますが、仕掛け人がいないわけではなく・・・。ファッションやインテリアと関係の深いテキスタイル業界は、常に新しい流行(色柄や素材などのトレンド)を提案していて、インテリアのファブリックではドイツのハイムテキスタイル(国際見本市)などが有名です。

ミッドセンチュリーと呼ばれる1950年から1970年に流行した家具をあちらこちらで見かけるようになったのも10年近く前でしょうか。

私自身、最先端の情報や流行に慣れるまでに少し時間がかかるため、最初は「昭和っぽくて古めかしい・・・」と感じ、そのうち現代のトレンドとうまくミックスしたスタイルが出てきて、「あら、レトロでおしゃれ」と理解できた頃にはすでに流行はピークを過ぎ(涙)・・・という状況。

いずれにせよ、時代とライフスタイル、色やインテリアの流行との関係は興味深いものがあります。

Camidecor1319-3

上の画像は「ドアタイプの引き出し」の応用例として2008年に作った箱。ほんの少しミッドセンチュリーの家具のフォルムを意識してみたのですが・・・。今はミニクリップやカッターの刃を入れる缶などのガラクタ用ケースになっています。

お揃いの「両面から使えるアクリルのフレーム」は中上級者向けのレッスン課題(選択制)。写真の入れ替えももちろん可能です。

Camidecor1320-

箱に入れるクリップに貼ったmtのマスキングテープもパステル調のレトロカラー。100円ショップのノート(設計などのラフ用)やお菓子の空き箱などに無心に貼っているとストレス解消になるのは私だけでしょうか・・・。その時々で使いたい!という色を選んで自由に貼るのがちょっとしたカラーセラピーに・・・。

Camidecor1321-2

mtの小さなマスキングテープは画期的な商品で、流行を超えて定番になっていますが、インテリア用の大きなサイズ(mt casa)があるのには驚きました。薄いのに強度があって使い心地が良いのは、和紙を使っているからだとか・・・。それなら壁に貼っても安心して使えそうです。

 

カルトナージュのタッセル用トランク-雛道具と房飾りによせて

桃の節句で始まった3月もあと数日。各地から桜便りが届き、日本各地でいよいよ春本番です。

書籍の最終チェックや雑事に追われてあっという間に過ぎていった3月。3月半ば過ぎにワークショップを担当した展覧会「人形の館 HAZAMA」では、人形作家の先生方の素晴らしい作品に深い感動を与えていただきました。(・・・ワークショップに参加して下さった皆様、ありがとうございました。このページでイベント告知をする時間が取れず、申し訳ありませんでした)

***出来事や感動したことをタイムリーに書くのが下手なので、人形展やワークショップについては、少し熟成させてから書きたいなと思っています***

ひな祭りのある3月はお人形にぴったりの月。雅で美しい雛人形や、こまごまとした雛道具に心惹かれるのは子どもの頃も今も変わりなく、雛道具の箪笥の引出しを開けたり、重箱の房をほどいて遊んでみたくなったことを思い出します。

さて、下の画像はトランク型のコレクションケース(タッセル用トランク)の内部。 2008年から2009年にかけて制作し、「カルトナージュBook」という書籍に載せた作品です。

Camidecor1399

タッセルやリボンなどを収納するために作った少し大きめのトランク。上部には曲面のデザインを少し入れ(下の画像左上)、内部は下段の引き出しに細かなものが収納できるようにしています。

Camidecor1400

この引き出し、閉めると一見同じように見えますが、実はそれぞれ開き方が異なります。引き出しの作り方にはいくつか種類がありますが、この作品では3種類を組み合わせています。

下の画像、ドアのように開いたり、手前に引くタイプがあるのがわかるでしょうか。引き出しの中から色とりどりのタッセルやリボンが顔をのぞかせます。

Camidecor1400-1

十数年前からタッセルを見るとつい購入してしまうクセ(?)があり、結局トランクでは納まらずに100円ショップの透明ケースが大活躍。ここ数年はタッセル熱も落ち着き、ほっとしています。

幼い日に雛道具を見て、「この道具で遊びたい!」という欲求にかられた日を思い出しながら、もしかしたら「房飾り(タッセル)」との初めての出会いも、3月の雛飾りを通してだったかもしれないなあ・・・とぼんやり考えています。

Camidecor1400-2

 

ちいさなお裁縫箱-シークレットボックス(秘密の箱)応用タイプ

箱を開けてみないと内部がわからない秘密の箱、シークレットボックス。

AタイプBタイプに続いて、以下はCタイプ。自由なアイデアで作る応用作品のサンプル(2007年制作)で、裁縫用小物のためのちいさな箱です。

Camidecor1379 上の画像は、箱を開いたところ。小さな引き出しやニードルブック(フエルトの針刺し)、ピンクッション、はさみなど、こまごましたものが収納できるようになっています。

 

Camidecor1380 箱を閉めると長方形のシンプルな形。 ごく限られた道具しか入らないので、実際の使い勝手は微妙ですが、雛道具を作るような楽しさと遊び心で仕上げたアイテムです。

 

Camidecor1381秘密の箱(シークレットボックス)のアイデアは無限なので、すこし頭の体操がしたい時に。

応用タイプは中・上級者向けの応用作品(選択制)のアイテムで、1日クラスでポイントを作り、あとは自分で仕上げる課題です。教室の皆さんが作品を無事完成して持ってきて下さり、サンプルよりずっと素敵に仕上がっているのを見るのがとても嬉しいひとときです。