月別アーカイブ: 2005年7月

ブック型のフォトスタンド(窓なしと窓付)

2005年の12月のレッスン用に作ったポストカードサイズのフォトスタンド。ちょうどクリスマスシーズンだったので、フォトフレームの表紙にクリスマスツリーを入れてちょっと遊んでみた作品例。写真ではなく、カレンダー用のスタンドとしても使えようになっています。

Camidecor1113-1半日クラスの短い時間で、写真立ての作り方に加えて窓(アクセント)の作り方を一緒に学んでもらえるように考えたアイテム。レッスンでは窓なし、窓付きのいずれかを選べます。

窓付きというのは、表紙にアクセントを入れて、布や刺繍、チャームなどをのぞかせて楽しむタイプのことで、配色やデザインもあわせて学ぶ内容。布の組み合わせや表紙のデザインを自由に考えながら、オリジナルの作品を仕上げていく課題です。(皆様の作品は別の機会に紹介します)

Camidecor1113

クリスマスというと赤、グリーン、白(ホワイトクリスマス)のイメージですが、この年(2005年)の画像には青、赤、白のトリコロールカラーを使ったものが複数。

Camidecor27

ブルー&ホワイトのカードの言葉”Buon Natale”は、イタリア語の”Merry Christmas”です。

タッセル付のレターボックス-皆さまの作品より

普通のカルトナージュの布箱とはちょっと違う感じで、できるだけ実用的なアイテムを・・・と2005年に考えた「タッセル付のレターボックス」。簡単な製図と厚紙のカットの作業、組み立てや設計のポイントなど、応用を学べるよう考えたオリジナルの課題です。

2005年11月にシングルレッスン(単発レッスン)としてスタートした作品ですが、現在は幾つかのポイントを学んでいただくための初心者用の定番課題。以下は教室での受講作品の一部です。

レター(封書や葉書)を入れるための箱なので、封筒の形のデザイン。材料次第でシンプルモダンにもエレガントにもなるボックスです。

Bois34

蓋と本体の色合わせが楽しめるので、皆さん様々な材料で作品制作に取り組みます。花柄やプロヴァンス柄、ストライプや水玉、インテリアファブリックやエレガントな古典柄・・・。上画像の左下の赤いボックス、蓋はリントン(Linton)のツイードを使って作って下さいました。

Bois33

この課題のポイントは 1.簡単な製図とカット、2.デザインと設計・組み立ての関係、3、蓋付けと仕上げのテクニック。

基本的に、ご自分の布で制作していただきますが、カルトナージュを始めて2,3作品目に作っていただくことも多いので、材料準備が難しい場合は、教室の材料をお譲りすることも可能です。

Bois35

あまり画像が残っていないのが残念ですが・・・。

※使用しているタッセルは、名古屋の「紙の温度」で購入できます→タッセル・ポンポンのページ(紙の温度)

***2012年以前の記事は、作品制作やレッスンの記録に合わせて日付を入れたものです。文章は当時を思い出しながら、2014年に記載しています***

 

布箱(オルゴールタイプ)

<初心者用の課題、体験レッスン>

〇カルトナージュ初心者用のための「布箱(オルゴールタイプ)」。

厚紙を組み立て布を貼って完成させる蓋付の布箱。カルトナージュの基礎テクニックが一通り入っている作品で、1日クラスでじっくり作りながら、カルトナージュの楽しさを味わえます。→その他画像(2005年/2006年)

「全く経験がないけれど、蓋が開く布箱を作ってみたい」という方、「蓋のつけ方やしっかりと細かなコツを確認したい」という方にお勧めの基本の布箱。2005年にレッスンをスタートして以来、初めての方でも問題なく無事に完成していただいています。

下の画像は受講された方の作品の一部です。

→教室についてはこちらから

 

基本の「折り畳みのリボントレイ」

<初心者用の課題、体験レッスン(半日クラスの作品より)>→教室についてはこちらから

〇カルトナージュ初心者用のための「リボントレイ(折り畳みタイプ)」。眼鏡や時計、ジュエリーや文房具などを入れておくのにちょうど良い実用品で、カルトナージュの基礎テクニックを学ぶのにちょうど良い作品です。

 

下の画像は受講して下さった皆様の作品の一部。使う材料によって全く違う雰囲気に仕上がります。

設計が簡単なので、用途に合わせて大きさ違いで作りやすい便利なトレイです。

 

***応用の課題としては、「曲線のトレイ(エレガントタイプ)」や「トラベルミニトレイ」、「曲線ラインのリバーシブルトレイ」があります。