チョコレートみたいな小箱2種(2006年-2007年)-リボンワークが入ったハートの箱

2007年2月、カルトナージュの課題メニューに入ったリボンワークのハートの箱(2006年制作)。教室では「ハートのC」と呼んでいる作品です。※画像は2007年1月16日撮影 こちらのサイトに掲載していたもの

バレンタインデーのある月ということもあって、チョコレートのイメージで考えた作品で、起毛素材で作った茶色のチョコレートのサンプルにはブラウンと金茶色のリボンを使用。

白×グリーンのサンプルは外側の材料が白すぎて、ちょっとチョコレートのイメージとは違いますが、ホワイトチョコレート×抹茶のイメージのつもりだったのでしょうか?

何を思って作ったのかは当時の自分に聞いてみないとわかりませんが、たしかクリーム色の生地が見つからなくて、しかたなく手持ちの白い材料を使ったような・・・。

下の画像は当時受講して下さった皆様の作品の一部です。

残念ながら2007年2月のレッスンの作品画像は残っておらず、下は3月のレッスンでの画像。

グリーンと薄紫の3作品は枠をつけた2重のハートのデザイン。

手前のオフホワイト×茶のチョコレートのイメージのAさんの作品は、私のサンプル(白×グリーン)よりもずっとホワイトチョコレートに近く、美味しそうに仕上がっています!

※1 こちらの記事は2007年の記録として、2016年に記したものです