楕円のフラワートレイ・スカラップデザイン

薔薇の花が美しい季節となりました。都内の公園や植物園などでもバラのお祭りが催されているようで楽しみです。

さて、下の画像は「楕円(oval)のフラワートレイ」と名付けたカルトナージュ作品(2009年撮影)。ばらの花と子どもたちがモチーフのアンティークテイストの生地を楕円部分に入れました。(少女と犬の横にはバスケット。のどかな春のピクニック風景のようです)

楕円の課題は複数ありますが※1、こちらは中・上級者の課題で、設計方法からスタートする作品。ただ、「ストレスがたまるので設計はパスしたい」という方も少なくなく、その場合はもちろん制作からでOKです。

Camidecor1454

実はこの楕円のトレイには2種類のデザインがあり、こちらはスカラップ(帆立貝のように半円を連ねたデザイン)タイプ。もう一方のデザインは少しシックな形で、エレガントタイプと呼んでいます。

下の画像左側は、2009年、一番最初に受講された方の作品。楕円とスカラップのバランスがよく、細部まで美しく仕上げてくださいました。

Bois20

右側は2007年に同じ方が受講されたツールボックスですが、マザーグースのハンプティダンプティの生地と黄色の組み合わせが素敵です。

卵のような楕円の形とハンプティダンプティ。英語で楕円を意味するoval(オーバル)の語源は卵だそうですが、ツールボックスのデザインにも丸みをもたせてあって卵色がぴったり。そういえば、卵の旬はちょうど今の季節のようです。

黄色は元気をもらえる色。どちらも見ていて楽しくなる作品なので、2つ組み合わせて紹介しています。

※1 楕円の課題について・・・異なる設計方法や作り方を学ぶため複数の課題を設けています。1.楕円のスタンド(ダストボックス)、2.楕円のボックス ア・ラ・カルト、3、楕円の薄型トレイ(オーバルトレイ)、4.楕円のフラワートレイなど(1は必修の基礎作品)