アクリル入りフレームとレトロカラーのストライプ

1970年代を思わせる茶色やカーキ、オレンジやオリーブグリーンなどちょっとレトロな配色のストライプの生地を買ったのはたしか今から7年ほど前でした。

流行は回るといいますが、仕掛け人がいないわけではなく・・・。ファッションやインテリアと関係の深いテキスタイル業界は、常に新しい流行(色柄や素材などのトレンド)を提案していて、ドイツのハイムテキスタイル(国際見本市)などが有名です。

ミッドセンチュリーと呼ばれる1950年から1970年に流行した家具をあちらこちらで見かけるようになったのも10年近く前でしょうか。最先端の情報や流行に疎いせいか、最初は「昭和っぽくて古めかしい・・・」と感じ、そのうち現代のトレンドとうまくミックスしたスタイルが出てきて、「あら、おしゃれ」と理解できた頃にはすでに流行はピークを過ぎ(涙)・・・という状況。

いずれにせよ、時代とライフスタイル、色やインテリアの流行との関係は興味深いものがあります。

Camidecor1319-3

上の画像は「ドアタイプの引き出し」の応用例として2008年に作った箱。ほんの少しミッドセンチュリーの家具のフォルムを意識してみたのですが・・・。今はミニクリップやカッターの刃を入れる缶などのガラクタ用ケースになっています。

お揃いの「両面から使えるアクリルのフレーム」は中上級者向けのレッスン課題(選択制)。写真の入れ替えももちろん可能です。

Camidecor1320-

箱に入れるクリップに貼ったmtのマスキングテープもパステル調のレトロカラー。100円ショップのノート(設計などのラフ用)やお菓子の空き箱などに無心に貼っているとストレス解消になるのは私だけでしょうか・・・。その時々で使いたい!という色を選んで自由に貼るのがちょっとしたカラーセラピーに・・・。

Camidecor1321-2

mtの小さなマスキングテープは画期的な商品で、流行を超えて定番になっていますが、インテリア用の大きなサイズ(mt casa)があるのには驚きました。薄いのに強度があって使い心地が良いのは、和紙を使っているからだとか・・・。それなら壁に貼っても安心して使えそうです。