マリメッコの眼鏡ケースとコインケース

花びら巾着で紹介したマリメッコ(Marimekko)のプケッティという生地。プケッティ(Puketti)というのは”小さな花束”という意味だとか・・・。金平糖のような小さな花がちりばめられたデザインは和風にも合う雰囲気で、可愛らしいのに甘すぎないさわやかなイメージ。下の画像は眼鏡ケースB(多用途ケース)とコインケースB(四角いタイプ、エルメスタイプのコインケース)です。

Camidecor1504

メガネケース同様、「ボンドで貼って作るバッグとこもの」の本に作り方を載せている作品で、本には「こもの入れ2種」という名前で紹介。コイン(小銭)だけでなく、トラベル用のジュエリーやキャンディーなど小さなものを入れるのに便利です。

簡単なのでたくさん作って贈り物にするのもおすすめ。※革のタッセルの作り方はこちらで紹介しています・・・。

マリメッコ(Marimekko)はフィンランドのテキスタイルブランド。”UNIKKOウニッコ”というケシの花のデザインのファブリックで有名です。ネットショップなどでも購入できますが、人気の高い色はすぐ売り切れてしまって残念なことも・・・。日本各地に直営ショップがあって、そちらに残っていることもあるようです。→Marimekko(マリメッコ)日本公式サイト

Camidecor1506

フィンランドといえば、まず思い浮かぶのはサンタクロースとムーミン。ここのところ、たくさんの”ゆるキャラ”が生み出されていますが、個人的には長いおつきあいのムーミンや”うさこちゃん(ミッフィ)”の方に、幼なじみのような親近感が・・・。

今年はムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの生誕100年にあたり、各地でイベントが開催されています。

トーベ・ヤンソン生誕100年記念「MOOMIN!ムーミン展」・・・2015年まで日本全国10会場を巡回(2014年4月「東京・松屋銀座」にてスタート)

トーベ・ヤンソンの大回顧展『生誕100周年トーベ・ヤンソン展 ムーミンと生きる』・・・日本5箇所を巡回(2014年10月「そごう美術館」にてスタート)

Camidecor1505

北欧の生地を扱っているショップではムーミン柄の生地を目にすることがありますが、マリメッコのテキスタイルデザインを手がける鈴木マサル氏のムーミンシリーズ(MOOMIN TRIBUTE WORKS)はとても素敵。どの生地のデザインも絵本の1ページのような楽しさです。

デザイナーから見たムーミンの世界・・・鈴木氏のインタビュー、デザインの過程やムーミンのヴィンテージファブリック画像など。

ユニクロとムーミンのコラボレーション・・・鈴木氏デザインムーミンのTシャツなど

ムーミン公式サイト・・・ムーミン誕生秘話や日本のショップの紹介なども