アントシアニンカラーのストライプ-簡単アップリケを添えて

赤紫系の強めのピンク色がアクセントになったストライプの布。一色だとかなりどぎつくなってしまう色をグレーや白がベースの直線柄ですっきりまとめ、一部が起毛(ベルベット)になっているのが気に入って購入したものです。

このピンク色、色名にすると、Mediumvioletred (ミディアム・ヴァイオレット・レッド)や紅紫(べにむらさき)に属するのでしょうか・・・。ラディッシュやビーツ、赤カブ、赤玉ねぎ、紫いも、紫キャベツの色を鮮やかにしたような力強いピンク色は、ビタミンカラーならぬ「アントシアニンカラー(←勝手に命名)」。ぎらぎらの強い紫外線にも負けず、夏バテを防いでくれるような気がします。

昔(20年以上前)なら強すぎて使えない色だったかも・・・と思いつつ、文房具やがま口ケースなど様々なアイテムに使用。以下はブック型の箱、ファイルカバーと引き出し付きの箱(2010年)の画像です。

Camidecor1516

大きめのブック型の箱の白い部分に並べてあるのは、ハギレを使った小さなアップリケ。ある時期にたくさん作ったものを保管していて、時々色が合うものを探して使っています。

子ども用の小物やパッチワーク、キルトの技法でおなじみのアップリケ(Appliqué)。もともとフランス語由来の言葉だそうで、手芸技法としての歴史は古く、世界各地に同じような手法のものが見られるとか。

一番簡単に作れるものはフエルトのアップリケですが、こちらは布を使ったもの。形は違いますが、ハウスボックスのドアや窓、ツールボックス(2005年)の飾りなども同じ方法で作っています。

Camidecor1518

実はこの箱、ずいぶん前に自分用に作ったものですが、最後の最後でなかなか完成しません。ヒモをピーンと張るか(一番上の画像)、よれよれさせるか、どちらにしようかと・・・。洗濯物のイメージだとピンと貼る方が良いのかもしれませんが・・・。

Camidecor1517

もともと優柔不断な性格。こんな些細なことを先送りしているから、いろいろたまっていくんだなあ・・・と画像を見ながら反省。夏は判断力がさらに弱まるので、秋にまた考えよう・・・となりがちですが、今年こそは暑さに負けず、シャキッと過ごしたいな・・・と思っています。