ヴィクトリアンソーイング(縦型ソーイング四角形タイプ)

2006年の9月、10月・・・秋のレッスンのための作品画像。側面がパタパタと花びらのように開き、各パーツにツールホルダーのついたソーイングボックス。四角形、五角形、六角形の3タイプのうち、下の画像は四角形。容量のあるタイプのため、文房具などのツールボックスとしても使えます。
Camidecor1010

19世紀ヴィクトリア時代に流行したものからアイデアを得た作品。中にオリジナルのピンクッション付の丸箱(二段の丸箱)を入れるなど、使い勝手を考慮して工夫しました。

Camidecor1009

刺繍糸をはさんだり、ペンやはさみを入れたり・・・。レッスンでは、用途に合わせて、四角形、六角形、マチ付き、マチ無しを選び、内部の仕様も自由に工夫して自分だけの作品に仕上げていきます。

Camidecor1008

教室ではほとんどの方が六角形縦型ソーイングを選択するため、この四角形のサンプルはなかなか登場する機会が少なくなっています。(2013年)

五角形、六角形は改めて別の記事にて紹介します。